読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a box of chocolates

You never know what you're gonna get.

ソフトバンクがすごいの出してきた

ソフトバンクがすごいの出してきた。

Pepperってロボット。19万8000円だって。安い。

でもってSDKも公開されるから、ロボットを使ったアプリとか作れるんだとか。へー。なんかこう、未来がすぐそこに来た感があるね、これ。

未来を感じるのは、値段感ね。この値段で、ある程度普及しちゃって、あんまり何もできないんだけど話し相手になってくれるロボットみたいなのが一家に一台いる世界観になっていったら、このかわいらしいフォルムがどんどん人間的に進化していって、そのうちぱっと見人間と見分けがつかなくなっちゃって、ロボットがより人間的な感情を持って、とターミネーター的な世界にあっという間になっちゃうんじゃないかと期待できちゃう。

あと、そうやってロボットががんがん進化していくのに併せて、結構な量普及したこの初期型pepperが、後発機におされて廃棄される段階になっちゃって、ゴミの埋立地に数多くのpepperが悲しそうに並んでいる姿まで想像できちゃうところね。怖い怖い。

この大きさのロボットを家に置いて何するの?って話はある。話し相手だけだったらちょっとさみしい。家事とかある程度できるようになるんだったら、それはそれで素敵。重たいものを持ったり、バランスとったりするのは、パッと見た感じでは苦手そうだから、掃除とかそういうのかなー。でかいルンバと思えばまあいいのかなー。

ちょっとおもしろそうだから、SDKとか出たらどんなことできるのか見てみたいんだけど、買って家に奥にはでかいんだよなぁ。誰か買ってくれないかなー。会社で買ってくれないかな。アプリケーションのテストが落ちたら怒り狂うみたいな感じになったらおもしろそう。あと実装に迷ったときの相談相手になってくれるとかね。

http://www.softbank.jp/mobile/set/data/static/robot/special/shiratoke/img/sns_thumb.jpg