a box of chocolates

You never know what you're gonna get.

各スポーツリーグの撮影やSNS投稿に関するルールをまとめてみた(2022年2月)

先日京都サンガプレシーズンマッチを観に行った際に、写真撮影や動画撮影のルールってどうなんだっけと調べたろころ、ちょうど2022年の1月末でJリーグの観客による撮影ガイドラインが改定されたことを知りました(ちなみにプレシーズンマッチは公式戦ではないので上記ガイドラインの対象ではなさそうでした)。

少年野球の撮影用にと買ったカメラとレンズを活用するために、スポーツ観戦に行って撮影とかしてみたいなーと思っていたところだったので、ついでに色々なプロスポーツの撮影ルールについて調べてみました。

プロ野球セ・リーグ / パ・リーグ

一般社団法人日本野球機構のサイトで公開されている「試合観戦契約約款」を見る限り、試合の撮影に関する規約はなさそうです。禁止事項の中で「フラッシュ」について禁止されていますが、あくまで試合進行の妨害になる行為についての禁止であって、撮影の禁止とは書かれていないです。

では、プロ野球は撮影し放題、SNSに投稿し放題かと言うと、そうではなくて、各球場(あるいはチーム)ごとに、「試合観戦契約約款」に付随する形でルールが定められています。例えば、神宮球場の例を挙げると、以下のサイトにある通り「主催者の許可なく、音声・映像などをインターネット・その他メディアを通じて不特定多数の視聴が可能なものとして生配信または長時間の録画を配信するなど、記念撮影や個人の鑑賞目的以外の目的で撮影する行為」が禁止されています。

ちょっとわかりにくいですが、個人の記念に撮影する以外は駄目だよと書きつつも、「生配信」や「長時間の録画を配信」と条件を書いてあるので、ちょっとしたプレーの撮影とSNS投稿については救済しよう、ただし、まずいものはNGが出せるような余地を残しておこうというような風にも読めます。

昔からあるリーグで、ファンとの交流に写真撮影などがあったからとか、グラウンドが広いので注目を浴びるようなそれなりの動画や写真を撮影するには、かなりの機材投資が必要そう、というのも理由なのかもしれません。

少年野球で野球を撮影してきた経験だと、野球はバッターボックスの位置が決まっているので、バッティングの写真や撮影についてはカメラ位置は決められるので、シャッターを切りまくればかっこいいバッティングのシーンは撮影しやすいですし、守備位置もだいたい決まっているので、プレー中の選手の表情やスナップは撮影しやすいです。ただ、球場の構造的に間にネットが挟まるので、クリアに撮影するハードルがそれなりに高いですし(オートフォーカスだと手前のネットに自動的にピントが合ってしまったり)。また、打ったあとのプレーを撮影しようと思っても、打球が速くボールも小さいので、望遠カメラで追うのは至難の技だと思います。ということで、動画が撮影されても、クオリティが高く注目を集める動画が撮影されにくいので、規約に落とし込むまでではないということなのかなと想像しました。

プロサッカー

サッカーは動画や写真に関するルールが2022年1月までめちゃめちゃ厳しかったようです。試合の動画は言わずもがな、スタジアムやその周辺で撮影した写真や動画をネット上に投稿することも禁止されていたとのことで、なかなか厳しい。そんな中、2022年1月31日にガイドラインの大幅な改定があり、ルールは大幅に緩和されました。

Jリーグ

<写真>
公式試合全ての試合の試合会場で、投稿者ご本人様が撮影した写真

<動画>
公式試合全ての試合会場で、投稿者ご本人様が撮影した動画
ただし、以下の2つの場合は除きます
(1)試合開始(前半キックオフ)から試合終了(後半終了)までの間(ハーフタイムは除く)にピッチ上を撮影した映像
(2)時間を問わず、試合日当日にスタジアム内に設置された大型映像装置において放映された試合の映像(ハイライト映像も含む)を撮影した映像

Jリーグ公式試合における写真・動画のSNSおよびインターネット上での使用ガイドラインについて【Jリーグ】:Jリーグ.jp

試合中を撮影した「動画」はNGですが、それ以外は大丈夫というルールで、これは嬉しい。試合の開始直前までも動画は撮影OKなので、例えば試合中の映像は静止画でつなぐボラギノールのCM形式の動画はOKなのかな。動画も限りなく分割していけば静止画の連続である、みたいな話になりそうですが、そこはまあ常識の範囲内であればこの規約内に収まるのではないかなと思います。

本人が撮影したものであれば写真のSNS掲載はOKとのことなので、サッカーファンの皆さんはぜひはてなブログで応援ブログを書いて盛り上がってほしいなと思います。

日本代表戦

サッカーの日本代表戦についてはJFAのサイトに記載がありました。

Q.試合の様子を撮影したり、SNSに公開しても大丈夫?
もちろんOK!ぜひハッシュタグを付けて多くのサポーターにシェアしてください。

おすすめハッシュタグ
#daihyo #samuraiblue #nadeshiko

※営利目的や選手・スタッフの肖像権の侵害となる写真撮影、およびビデオカメラやスマートフォン等による試合動画の撮影、インターネット配信、三脚等を含む大きな機材の使用、また他のお客様の観戦や試合運営を妨げる撮影行為はご遠慮ください。

https://www.jfa.jp/national_team/guide/guide_04.html

「もちろんOK!」の「撮影」は静止画に限定されるのかな。注意書きで「ビデオカメラやスマートフォン等による試合動画の撮影、インターネット配信、三脚等を含む大きな機材の使用」と書かれている部分で書かれているのはどこまでの範囲なんでしょうか。試合動画、が意味するのは長時間の試合の動画ってことなのか、例えばシュートシーンやファインプレーなど短めのシーンの動画撮影はここに含まれるのかな。まあ含まれるんでしょうね。また「三脚等を含む大きな機材」はバカでっかいカメラレンズを禁止できるような注意書きなのかなと思いました。

Bリーグ

バスケットボールのBリーグは、最近できたリーグだけあって、動画についてはサッカーよりも少し詳しく注意が書かれていました。

試合中の写真撮影および15秒以内の動画撮影は個人での利用を目的とした場合に限り可能です。
※個人での利用以外のメディア掲載や商用利用を目的とした写真撮影・動画撮影については、クラブおよびリーグの許可が必要です。
公式記録として公開されたものを除き、チームの得点や個人の記録等の試合に関する情報を、商業利用目的(スポーツベッティングの用に供する場合を含みますがこれに限りません。)で記録したり他者へ提供する行為はおやめください。また、それを疑われる行為についてもおやめください。

https://www.bleague.jp/watching/

フラッシュを使用した写真撮影、および周囲の観戦の妨げになる大きな機材(望遠レンズ、三脚など)を使用しての写真撮影はおやめください

https://www.bleague.jp/watching/

15秒以内であれば、動画撮影OKというのは良いですね。スマホで気軽に撮影してOKということなのかと思いました。また、大きな機材をつかっての撮影もNGというところに「望遠レンズ」とも書いてあります。どのくらいの大きさのレンズまで許されるのか、という疑問はありますが、あくまでも周囲の観戦の妨げになるという条件で書いてあるので、隣や前後の人がプレーが見にくくなるようなサイズは駄目だよということなのかな。

Vリーグ

VリーグのルールにもBリーグ同様に動画に関する詳しい記載がありました。

  • 試合中のフラッシュ撮影、また自席を離れた場所での撮影は禁止されています。
  • 個人での利用を目的とした場合に限り、試合中の写真撮影や動画撮影を認めます。ただし、SNS等への動画掲載についてはプレーシーンの場合は1セット1ラリーまで、ベンチの様子などプレーシーン以外は30秒以内とさせていただきます。
  • 商業目的、またVリーグ機構ならびに第三者の権利を侵害する形で大会の映像や静止画、音声の全部または一部を、各種メディアを通じて配信することは禁止されています。個人利用以外のメディアへの掲載や、商業目的での撮影については、チームおよびVリーグ機構の許可が必要となります。
  • Vリーグ機構では、アスリートの写真・動画を使⽤した性的⽬的のSNS投稿やWEB掲載を固く禁止しています。会場で盗撮等を見かけましたら、大会スタッフにお知らせください。また、アスリートを傷つける性的目的のSNS投稿やWEB掲載を見かけましたら、Vリーグ機構の問合せ画面もしくはJOCのホームページから報告してください。
https://www.vleague.jp/ticket/message

個人利用の目的であれば写真も動画もOKで、SNSなどへの動画については「プレーシーンの場合は1セット1ラリーまで、ベンチの様子などプレーシーン以外は30秒以内」と詳しく記載されています。1ラリーだけなのは、ちょっとさみしいですが、まあ「Vリーグ行ってきました」みたいなvlog的な動画を作るには十分な尺じゃないかなと思います。またVリーグの規約はアスリートの写真の性的目的に関する記載があるのも特徴的でした。

競馬・競輪・競艇など

公営ギャンブルについては、ギャンプルという性質上、観客の映り込みに関しては厳しく制限されているようです。

競馬

「営利目的(インターネットその他メディアを使ってのライブ配信・録画配信を含む)での撮影」とありますが、個人で馬の撮影をしたいということに関しては、迷惑にならなければ良さそうです。

競輪

競輪については、各競輪場のサイトにルールが記載されているようです。例えば松戸の競輪場に関しては以下の通り。

「ゴール真横からの撮影」は禁止されているのは競輪固有かもしれません。ドローンという表記があるのも今っぽいです。また、バンク内の練習中の選手の撮影はNGというのがあって、これも固有のルールですね。

別のいわき平競輪場については、松戸と共通の部分がありつつも、撮影禁止場所が図示されていたり、各種メディア・SNS等への投稿・公開は禁止すると明記されていたり、特殊カメラを持ち込む行為(赤外線カメラ等)が禁止されていたりします。個別の事例については過去になにか問題が発生したりしたんですかね。

競艇

競艇についても各競艇場でそれぞれルールがあるようです。例えばボートレース若松だと以下のとおり。

「ぜひ、SNSでの共有等にご活用ください」とあるように、積極的な利用を呼びかけています。三脚や脚立についても利用OKのようです。ただし「撮影した動画をYoutube等の動画共有サイトに掲載する場合は申請が必要」とあるので、ご注意ください。これはおそらく運営者側がどこのチャンネルで利用されているかを把握しておきたいということなのかと思います。

ちなみに以前撮影に行ったボートレースびわこは、写真撮影はOKですが、場内インフォメーションセンターで受付をして許可証を借りる必要がありました。

感想

ファンサービス、また、SNSでの共有からのマーケティング効果に期待したいという部分と、選手やチームの権利、放送との兼ね合いをどうやって取るのかについて、各団体が考えながらルールを定めています。どんなルールも、前提にあるのは、競技の進行の妨げにならない、他の観客の迷惑にならないということだと思うので、そこはまず意識したいです。
全体的に「営利目的」の撮影は禁止ということが書かれていることが多いのですが、いわゆるアフィリエイト公告(YouTubeに出てくる公告)はそこに含まれるのかどうかが曖昧な事が多いですね。Jリーグガイドラインでは、個人の動画ページに出てくるアフィリエイト広告に関しては営利目的ではないと書かれているので安心ではあります。

子どもと一緒に「ミッケ!」的なものを作ってみた

最近三男が、「ミッケ!」にはまっています。「ミッケ!」とは、シリーズ国内累計で900万部を突破している人気のさがしっこ絵本。ジオラマ写真の中に隠されている様々なものを探していく謎解き絵本です。

www.shogakukan.co.jp


子供向けの簡単な絵本なように見えて、ついつい大人も夢中になってしまう「ミッケ!」。

せっかくの休日が終日の雨予報だったので、三男に「家にあるおもちゃを使って『ミッケ!』を作ってみる?」と聞くと、目をキラキラさせて「作りたい!」と返事をしてくれました。

ということで、作ってみました。まずは完成品をごらんください。


f:id:chris4403:20210322153139p:plain



ほぼノープランで作った割にはそれっぽくなりました(もちろん本家と比べると雲泥の差ではありますが)。

作っている様子は以下の動画にまとめています。制作時間はトータルで2時間かからないくらいでした。


コツ

高さを出す

動画の最初の方で大きめのぬいぐるみから並べています。
後述しますが、最終的な仕上がりの写真は水平方向から撮影すると良い感じになります。そのため、おもちゃを置く場所が下に偏り過ぎないように高さを稼げるものを並べておくのが重要です。今回のケースだとぬいぐるみを並べていますが、レゴや積み木で建造物をつくってみるのも良いでしょう。ちょっとした棚のようなものが使えると、そこにもおもちゃを置けるので、立体的な仕上がりになると思います。

おもちゃだけはなく「鍵」や「クリップ」「食器」を使ってみる

本家の「ミッケ!」では、ジオラマ作りに日用品が多様されています。鍵やクリップ、スプーンに食器などなど。おもちゃに紛れ込ませる形で組み込んでみましょう。本家っぽさが増します。ただし、鍵は写真から復元できてしまうみたいな話があるので、使っていない鍵(前に使っていた自転車の鍵など)にするのが無難です。

おもちゃもなるべく色々な種類のものを混ぜる

レゴブロックだけとかでも面白そうですが、ものの質感や大きさに強弱があった方が、問題も作りやすいですし、問題の難易度も調整しやすいです。

問題の作り方

本家「ミッケ!」でもありますが、問題に出されているものが「もの」そのもののこともありますし、背景に書き込まれた「絵」や「文字」なこともあります。また、大きなおもちゃの「一部」を指定してみたりすると意外と見つかりにくかったりします。今回の問題だと「にんじん」や「右上がりのやじるし」はちょっとひねっている問題になります。

写真を撮るときは遠くから望遠で

さきほど「水平方向から撮影すると良い感じ」と書きましたが、水平方向から撮影したものと斜め上から撮影したものを並べてみます。画面の埋まり具合という意味では右側の方が良さそうですが、上から撮ってしまうと、見通しが良くなりすぎて、ものの後ろに探すものを少し隠すというテクニックが使えなくなってしまいます。

f:id:chris4403:20210321121035j:plainf:id:chris4403:20210321121019j:plain

左側は壁紙の白がちょっと目立ってしまっていますので、ポスターを貼るなり、前述の高さのある建造物を構築するなりして、なるべく壁紙が見えなくなるようにすると良いかもしれません。

次回に向けて

ストーリーやテーマを明確に

本家の「ミッケ!」は、ジオラマのストーリーやテーマがかなり綿密に作り込まれています。ただ雑然と並べるだけでなく、ここをもっと練っていくと、作品のクオリティがあがりそうです。

夏休みの工作に良さそう

作る過程も楽しいですし、作品としては電子データも残せるし、実際のものは壊してしまっても良いという点で、夏休みの工作に適していそうです。複数のシチュエーションを制作するとちょっとした絵本として完成しますし、展示を見に来た人たちが遊ぶこともできます。

最後に

オリジナルの「ミッケ!」は面白いので、まだやったことがない方はぜひ。

チャレンジミッケ! 3 コレクション

チャレンジミッケ! 3 コレクション


こちらからは以上です。

f:id:chris4403:20210322160406p:plain

2020年ひとりアドベントカレンダー day 25

ということでYouTubeとこのブログで始めてみた2020年のひとりアドベントカレンダーも最終日を迎えました。いえーい。

最終日はこれまでの素材を使ってダイジェスト動画にしてみました。

本の紹介に始まり、ロケに出たり、調理したり、食レポしたりと色々なタイプの動画に挑戦してみましたが、どうでしょう、初日と比べたら最後の方の動画はまあ見れる動画になっているのではないでしょうか。

スタートするときに考えていてできなかった企画としては、VTuberとか、KORG Gadgetで音楽を作るとか、GoProでかっこいい映像を撮ってみるとかあるのですが、せっかくなので、今後も機会があればたまに動画をアップしていこうかなと思います。

25日間お付き合いいただきありがとうございました!

今年買って良かったモノ - 2020 -

なんかあんまり記憶がない2020年なんですが、家にこもることが多かったせいか、振り返ってみるとなんだかんだでオンラインで高いものを買った1年でした。在宅勤務なども始まりましたが、マイクやオーディオインターフェースなどはPodcastを始めたときに買い揃えていたので、特に不都合を感じたことがなかったのが良かったです。ナイス先見の明。

お題「#買って良かった2020

ということで大きい買い物から小さい買い物まで、2020年に買って満足したものをご紹介。

あつまれ どうぶつの森

あつまれ どうぶつの森 -Switch

あつまれ どうぶつの森 -Switch

  • 発売日: 2020/03/20
  • メディア: Video Game
バカ売れして、日本全国大ブームになったゲームなので特に紹介は不要かと思います。
外出自粛が続く中、春先から夏にかけてゲームの中で四季の変化を感じられて楽しかったです。子どもたちとワイワイできるのが良かった。なんだかんだで9月くらいまで毎日ログインしていた気がします。秋のアップデートのあとは週に1回入るかどうかという頻度になりましたが、毎月生き物などが少しずつ入れ替わるので、新しく登場した生き物を捕まえようとプレイしてしまいますね。さっきプレイ時間見たら500時間くらいプレイしてました(放置してた時間も含まれているとは思いますが)。こんなに長時間遊んだゲームは初めてじゃないかな。

↓動画で島紹介やったのでそちらもどうぞ。
#017「わたしの島紹介 スポット編」- ひとりアドベントカレンダー2020 - YouTube
#018「わたしの島紹介 お家編」- ひとりアドベントカレンダー2020 - YouTube

愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ

愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ

愛工業 Aセット 野菜調理器Qシリーズ

  • メディア: ホーム&キッチン
野菜をカットする調理器具ですね。
もともと長く使っていて切れ味が悪くなったものがあったんですが、とはいえ使えるし、買い換えるタイミングを見つけられないまま長いこと過ごしていました。
今年、買ってみるかと超ド定番の製品を買ってみましたが、超ド定番だけあって使いやすく重宝しています。あと揚げ物のときに余った油に、スライサーでじゃがいもやサツマイモを投入するとチップスが作れて便利、ということも発見できました。

南インド料理店総料理長が教える だいたい15分! 本格インドカレー

ossan.fmでながやまさんにおすすめしてもらって買った本です。
80. Stay at homeの過ごし方 - YouTube
在宅時間が長くなったときに、カレーを作るという趣味ができて楽しかったです。簡単に美味しいインドカレーが作れて便利な本でした。
↓別のカレー本も良かったのでこちらで紹介しています。
#003「京大カレー部 秘伝のスパイスカレーレシピ」- ひとりアドベントカレンダー2020 - YouTube

iPad Pro & Apple Pencil

Apple Pencil(第2世代)

Apple Pencil(第2世代)

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: Personal Computers
これを買うまでは、タブレットXperia Z3 tablet compactを使っていました。これはかなり名機だと思っていて、軽いし見た目もスッキリしているし、電子書籍を読むのに良い端末でした。が、2014年に発売したモデルなのでちょっと古くなってきたのと、容量が小さい方を買っていたので、ストレージ管理が面倒になってきたというのがあって新しいタブレットを買おうと思い立ったのでした。
高い買い物なので、1週間くらいカートに入れては考え直したりを繰り返していましたが、あるタイミングで勢いで購入。最初Apple Pencilだけ届いて、使いみちがないペンを数日眺めていました。
iPad Proが届いてからは、1ヶ月くらいせっせとお絵かきをしていました。マーベル映画に出演している俳優さんを1日1枚って感じで描いてましたが、1ヶ月を節目にパタッと描かなくなってしまいました。実際絵を描いてみると、普段読んでる漫画のすごさが分かり、丁寧に絵を見るようになった気がします。

iPhone 12 Pro

www.apple.com

そんなに毎年買い換えなくてもええやん。特に今回のバージョンはカメラ以外そんなに大きな変更はないよ。みたいなことを言われてて、まあそうだよなーと思いつつ買い替えたんですが、12月になぜか動画でアドベントカレンダーをやるぞとなったときに非常に活躍してくれました。めちゃめちゃキレイに撮れますね。夜の撮影、自撮り棒の先につけての撮影などなど、条件を変えてもその場に適した画や音をちゃんと記録してくれるのはすごいです。

オカムラ オフィスチェア 8VCM1A FHR6 [VCM1チェア肘なし ブルー]

割と早い段階から在宅で仕事をすることが多かったのですが、椅子を調達するのをサボってました。キッチンで煮物とかするときにたまーに使っていた折りたたみの椅子があったので、それを使っていたところ、お尻が肌荒れしてきまして...。座面がお尻よりも小さいので、単位面積あたりにかかる荷重は大きくなりますから、それが良くなかったのだと思います。とはいえでっかい椅子が家に来るのもちょっとなあ(ゲーミングチェアとかはちょっと欲しくはあるけど)、ともやもやしていたら、散歩していける距離に大きめの家具屋さんがあることを発見したので行ってみました。1万円以下で買えるものから、10万円近くの高級なものまで色々と展示されている椅子を座ったりした結果、価格、大きさ、座り心地のバランスが良かったのがこの椅子でした。家での使い方やスペースを考えて肘なしを選択。座面が大きくお尻を包み込んでくれる感じなので快適に使えてます。

XGIMI Halo

ステイホーム期間中にモバイルプロジェクタを購入された方が周りに多かったので気になっていました。とはいえ、そんな大きな画面で見るって需要はないかな、設置スペースもないしなー、なんて考えていたのですが、10月末から5週連続でB'zのオンラインライブが開催されると聞いて180度考えが代わり購入したのがこのプロジェクター。会社のスタッフにおすすめしてもらいました。
明るく、音も良く、AndroidTVが内蔵。難点はNetflixのアプリが起動しないので、アプリ内アプリを経由して視聴するか、もしくはiPhoneiPadHDMIケーブルで接続するかしないと見れないところ。モバイルという割にそれなりに大きく重たい点や、ACアダプターが大きいというところは、室内利用に閉じて考えると個人的には目をつぶれるところです。早速寝室を片付けて、壁に投影し、75インチの画面をゲットしました。投影面が、細かい凹凸のあるタイプの白い壁紙なので、映像のシャープさは若干損なわれますが、見ていて気になることはほとんどありません(白っぽい映像であればあるほど気になる確率は高まるとは思います)。HDMIケーブルにSwitchのDockを接続してゲームを楽しんだり、Amazon PrimeParaviで動画を楽しんだりと、ちょっと寝室に入り浸りがちになってるかも。

詳細はこちらに書いてます。
chris4403.hatenablog.com

ソニー ブルーレイプレーヤー/DVDプレーヤー コンパクト スタンダードモデル BDP-S1500

これも↓こちらに書いています。久しぶりにメディアを再生できるプレイヤー買いました。
プロジェクターとその他もろもろを設置した記録 - a box of chocolates

Aftershockz Aeropex

骨伝導イヤホンですね。カナル型のイヤホンでめちゃめちゃ耳が荒れて(これはコロナ前から)しまって、AirPods Proが使えない身体になってしまっていたので、この製品にはまじで助かりました。
良さについてはこちらの動画でも語っています。
#014「最近使っていたイヤホン」- ひとりアドベントカレンダー2020 - YouTube

本色々

今年も文芸小説を中心にいくつか楽しませていただきました。
ちゃんと読了して印象に残っているものを書いておきます。

逆ソクラテス (集英社文芸単行本)

逆ソクラテス (集英社文芸単行本)

100文字SF (ハヤカワ文庫JA)

100文字SF (ハヤカワ文庫JA)

半沢直樹 アルルカンと道化師

半沢直樹 アルルカンと道化師

透明人間は密室に潜む

透明人間は密室に潜む

ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人

ブラック・ショーマンと名もなき町の殺人

  • 作者:東野 圭吾
  • 発売日: 2020/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
スパイダーマン:ライフストーリー (ShoPro Books)

スパイダーマン:ライフストーリー (ShoPro Books)

泣くな研修医 (幻冬舎文庫)

泣くな研修医 (幻冬舎文庫)

マンガはもっとたくさん買いましたが、書き出すと大変なことになるのでここでは割愛させていただきます。

DVD & Blu-ray

ネット配信の時代ですが、ネット配信だと見れないコンテンツも多々有り、ステイホームを言い訳にいくつか買ってしまいました。ちゃんと見たので勘弁してください(家族に向けたメッセージ)。

リーガル・ハイ Blu-ray BOX

リーガル・ハイ Blu-ray BOX

  • 発売日: 2012/12/05
  • メディア: Blu-ray

最後に

本当はここにPlaystation 5が並んでいてほしかったのだけど手に入らなかったものは仕方ないですねぇ。残念。

2020年ひとりアドベントカレンダー day 24

24日目の動画は、過去の動画を供養したいという動画です。

まあ見てもらった分かりますが、今から14年前に作成してYouTubeに投稿し、すぐに非公開した動画を紹介しています。
2006年の頃は当然スマホもまだなくて、この動画自体はおそらくデジカメの動画機能で撮影しています。EXILIMだった記憶。解像度も640 x 480 で画像の粗さに時代を感じますね。2020年にスマホで撮影した動画と比べると、技術の進歩が一目瞭然ではないでしょうか。いやー、すごい時代。今から10年後はどうなってるんでしょうね。3Dの映像とかホログラムとかそういうのが簡単に作れるようになっているのかしら。

元の動画はB'zのAll-out attackをそのまま使ってしまっていたので、今回は自分で歌っています。1トラックだと貧相だったので、コーラスも含めて5トラックくらいで重ねてなんとなくそれっぽくしました。ハモってはいないです。

この動画、喉にひっかかった小骨のような感じの居心地の悪さがずっとあったんですが、今回無事に供養できたのではないかなと思います。

ALL-OUT ATTACK

ALL-OUT ATTACK

  • B'z
  • ロック
  • ¥255

2020年ひとりアドベントカレンダー day 23

23日目の動画も昨日に引き続き、id:kudakurageさんとの爆弾解除ゲーム。

今回は16分と長尺の動画になります。

前回、前々回での学びを活かしつつ、全25回の中で少し長めの動画を作ってもいいかなと思って編集しました。
21日の初回で1ゲームを丸々、22日の2回目で成功までの2ゲーム、そして本日の動画では慣れてきていくつかゲームをこなしていく様子を楽しんでいただければと思います。
途中、私の顔がアイコンに変わっていますが、これは完全に機材の設定ミスです。スマホで撮影してたんですが、なんと何故か「スロー」モードで撮影してしまったため、ファイルサイズが膨大になり、スマホの容量を使い果たしてしまったんですね。アホでした。

さて、動画は長いのですが、やっぱり面白いのは失敗するところですよね。
個人的には12:00からのくだりがめちゃめちゃ好きで、編集中から完成版をYouTubeにアップして自分で見られるようになってからも何回も見てます。

テンポよく指示を出されて失敗すると、ハナコの爆弾コントを思い出しますね。

2020年ひとりアドベントカレンダー day 22

22日目の動画は、id:kudakurageさんとの爆弾解除ゲーム動画その2です。

前回、会話をすべて字幕にしましたが、それがあまりにも大変だったので、今回は架空の進行役のツッコミなどを字幕にしました。まあこれはこれで良いとは思うけど、会話の字幕がないとちょっとさみしいですね。

さて、動画を見てもらうとわかりますが、3回チャレンジして、1勝2敗だったのですが、難所だった「ボタン」モジュール。どうやら解除マニュアルの読み込みが甘かったようで、私もくらげさんも間違った指示を出していますね。

動画の中ではボタンの「色」でボタンを離す秒数を指定してますが、実際はボタンの色ではなく、ボタンを押したときに光る横のランプの色によって決めるのが正解なんですね。

なので、クリアしたところも実はたまたまだったということになります。いやー恥ずかしい恥ずかしい。