読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a box of chocolates

You never know what you're gonna get.

七三になりました

今週のお題「髪型」

お題に合わせたわけではありませんが、週末に散髪に行ってきました。

昔から、散髪に行くとこんな感じの短髪、いわゆるスポーツ刈りにしています。床屋さんも9年間変えていないので、髪を切りに行くというよりは戻しにいくという感覚でした。

短髪はすぐ乾くしメンテナンスが楽なんですが、伸びてきた時にスタイリングに困るんですよね。最近の週末は少年野球があるので床屋に行くタイミングもなかなか難しい。

次切るときはちょっと違った感じにしたいなーと思っていたら、ブログでも散々書いてますが、ライアン・ゴズリングめっちゃええやんという感じになったので、床屋さんでライアン・ゴズリングの写真を見せてこんな感じでとお願いしてみました。

で、仕上がった感じがこちら↓。

https://www.instagram.com/p/BUL0jsEleIb/

妻に「こんな感じになったよ」と送ったときの写真です。眉を寄せてるのは、なんとなく雰囲気が出ると思ったので。

6年生の長男からは「(ゴズリングに)はまりすぎちゃう」と冷静なコメントをいただきました。

ちなみにスタイリングに新しい整髪料を試していて、水溶性のポマード使っています。

ルーゾー ポマード ソフト 水溶性 113g  REUZEL

ルーゾー ポマード ソフト 水溶性 113g  REUZEL

ポマードっていうと、湘南爆走族とかでしか見たことがありませんでした。まさか自分が使うことになるとは。

ライアン・ゴズリング祭り

ラ・ラ・ランドを観て、ライアン・ゴズリングかっこいいな―って思った流れで、過去作品を観てみることにしました。

ラブ・アゲイン」は観たので、次に選んだのが「ブルーバレンタイン」と「きみに読む物語」。

両作品とも、ライアン・ゴズリングが一目惚れするお話でしたが、その後の展開が大きく違っていました。

最初に観たのが「ブルーバレンタイン」で、夫婦で見たら離婚必至みたいな煽り文句を観たことがあったので、そういう前提でしたが、いやはやきつかったですね。

大恋愛をして、倦怠期を迎えた夫婦の末路。

シュッとしたイメージのライアン・ゴズリングが、ダサいTシャツを着て、髪の毛も後退して、という姿は見ていて辛かった。あと、久しぶりに夫婦で身体を交わらせようとして、すれ違ってしまうラブホテルの描写が刺さりました。

ブルーバレンタイン」で、心がズタボロになってしまいましたが、その後に見た「きみに読む物語」で回復できました。

こちらのストーリーは、大恋愛の末、辛いこともあるけれど、まあまあ幸せな形で成就するというもの。いや、これ幸せなのかな。もし自分が同じ立場になったらと思うと、それはそれで辛いですね。

両作品とも、女優さんが好みで良かったです。可愛かった。「ブルーバレンタイン」のミシェル・ウィリアムズ良いですね。「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスも良かったですが、途中、マット・デイモンに見える瞬間が度々ありました。疲れてるのかな...。

あと共通点といえば、両作品ともライアン・ゴズリングが、歌い、踊り、彼女のためにふたりだけの歌を用意するという展開だったのも面白かったです。

映画スター本人が出演作のパロディを演じるやつ

アメリカのTV show "The Late Late Show with James Corden" の中で、映画スターが自身の出演作をブルー・スクリーンの前でパロディとして演じるというコーナーがあります。4代目の司会者ジェームズ・コーデンと一緒に、基本的にはおふざけモードで演じていきます。

英語ですが、映画好きの人は結構楽しめると思うのでおすすめです。

ちなみに本人の出演目的は最新作の宣伝です。

サミュエル・L・ジャクソン

とにかく映画に出まくっているサミュエル・L・ジャクソン。キャリアは長いですが、ブレイクは42際のときの「ジャングル・フィーバー」。カンヌで助演男優賞とってから、とにかく色んな映画に出まくっています。個人的には、やはり1994年の「パルプ・フィクション」が印象深い。このとき46歳なんですね。

ということで、冒頭が「パルプ・フィクション」のパロディからスタート。有名な旧約聖書の一節を読み上げるところをばっちりキメてくれます。
エディ・マーフィの代表作にチョイ役で出演している「星の王子ニューヨークへ行く(coming to america)」も胸熱。
アンブレイカブル」からの「ダイハード3」は、ブルース・ウィリスとの共演つながりですね。
スター・ウォーズ・シリーズ」は、彼が出演したくて自ら監督に売り込んだことで有名。
一番稼いでいるはずの「マーベル・シネマチック・ユニバース」シリーズ(アイアンマンとか)の扱いが雑なのが逆に面白いです。

ちなみに宣伝しに来た映画は、「キングコング 髑髏島の巨神」です。

トム・クルーズ

我らがトム、映画の撮影じゃないときはちょっと雰囲気違うね(役作りかな)。

出世作「トップガン」からスタートして、かっこいい路線で行くかなと思いきや「トロピック・サンダー」の変なプロデューサーもちゃんと再現していて最高。
ミッション:インポッシブル」シリーズの一連の流れはうまいことできてますね。
見どころは「ザ・エージェント」のワンシーン。自分が管理するプロアメフト選手が電話口で "show me the money!" を連呼させる有名なシーンの再現。ここにキューバ・グッディング・ジュニア本人登場で盛りあがりますね。ですが、ちょっと声枯れてて笑う。最近あんまり出演してないもんなー。当時を彷彿とさせる"show me the money!!"が見たかった。
当時女子がメロメロになった「カクテル」のワンシーンも再現。ですが、体型がもうおじさんですよね。仕方なし。

宣伝したのは「ジャック・リーチャー/ネバー・ゴー・バック」でした。

マット・デイモン

なんかマット・デイモンは、「グッド・ウィル・ハンティング」公開当時から見ているので、なんとなく若手ってイメージだけど、キャリア20年弱はあるんだね。当たり前か。

ということで、オープニングは「グッド・ウィル・ハンティング」から。
代表的な出演シリーズの「オーシャンズ11」シリーズと「ボーン」シリーズを、割りと雑に流していておもしろい。
そういえば「プライベート・ライアン」のライアンは、デイモンだったね。

宣伝したのは「オデッセイ」でした。

トム・ハンクス

我らがトム・ハンクス。Mr芸達者ってイメージで、「トイ・ストーリー」の影響からか唐沢寿明とイメージかぶります。
トム・クルーズと一緒で、TV Showモードなのか太っていて、ちょっとジャン・レノっぽい。

オープニングはやっぱり「フォレスト・ガンプ」だよね。
メグ・ライアンと何度か共演していて「ジョー、満月の島へ行く」「めぐり逢えたら」「ユー・ガット・メール」が、ちゃんと触れられているのが良いです。

これは何を宣伝しに来たんだろう...。

アーノルド・シュワルツネッガー

このシリーズの初回っぽいですね。
シュワルツネッガーって芸達者っぽいイメージないのですが、出演作に印象深いのが多い。

ライバルであり盟友であるスタローンの「エクスペンダブルス」について、出演しているのにDisってるのがおもしろい。
全体的に筋肉系の映画が多いですね。当たり前か。
トータル・リコール」は顔が割れるあそこを再現してほしかったけど、難しいかな。
個人的には、シュワルツネッガー出演作で一番好きな「トゥルー・ライズ」のジェイミー・リー・カーチスがダンスして誘惑するシーン再現しているのが良かった。ひどいシモネタだけど。
最後、「T2」のところで、変形したけど、それできるのT-1000ですから。

まとめ

今後も続いていきそうなコーナーなので、ゲストに期待。
サミュエル・L・ジャクソンの流れから、ブルース・ウィリスとか出てくれないかな。

おもいでのケータイ

特別お題「おもいでのケータイ」

大学生のときに学割に惹かれてauユーザーになってから、16年と少し、他キャリアに浮気せずのauユーザーです。
おもいでのケータイということなので、過去に持っていたケータイを「auケータイ図鑑|おもいでタイムライン」から探してみたいと思います。

C403ST / 2000年

おそらくこれだと思うんですよねぇ。というくらいに自信がないです。が、メーカーがSANYOで、ちょっと女子っぽい折りたたみケータイだったので、これのはず。
初めてもった自分だけの電話がすごく嬉しくて、お店から持って帰るときにちょっとだけオトナになった気持ちでしたね。

A3014S / 2002年

就職して、自分で稼いだお金で買い替えたのが、ソニエリの着せ替えケータイです。
彼女がこの1世代前の着せ替えケータイを使っていて、コロコロインターフェースが使いやすそうだなと羨ましく思っていたのでした。

A1404S / 2005年

引き続きソニエリの着せ替えケータイへ。やっぱりコロコロ(ジョグダイヤル)が使いやすかったのが大きかったですね。

W51S / 2007年

ジョグダイヤルタイプのモデルが無くなってしまったのですが、SONYの機種が良かったので、この機種にしました。
丸みを帯びたデザインのケータイが多い中、ちょっと角ばったフォルムがかっこいいなと思っていました。ジョグダイヤルがなくなったのは残念でしたが、この機種は結構気に入って使っていましたね。
はてなへの転職もこの機種が跨いでいますし、入社してからのガラケーサービスの開発でかなり使い込んだので、一番思い入れある機種です。
ということで、私はこの機種に投票しました。

URBANO MOND / 2010年

この頃は他キャリアでスマホが発売されて、キャリア変更の誘惑に駆られまくってましたね。とはいえ、ぐっとこらえて、このときもSony Mobileの最新機種へ変更。薄くて手に馴染む良い機種でした。



そして、この翌年の2011年。ようやくiPhone4sauから発売されて、以降ずっとiPhoneを使い続けて今に至ります。

振り返ってみたら、ほとんどSonyのケータイでしたね(あまり意識してなかった)。

ケータイで撮影した写真でも貼り付けようかと思ったけど、手元になくて残念。どこかにバックアップとってあるはずなので、探してみよう。


http://htn.to/HJHWmt

sponsored by KDDI

ビデオカメラを購入

ビデオカメラを購入しました。最近の動画撮影は、スマホやデジカメのビデオ機能で十分事足りていたのですが、息子の学童野球が最終学年ということもあり、試合の記録を残そうと思ったら専用機の方が色々と都合が良かったので買うに至りました。

というわけで、買い物の要件は以下のとおり。

  • 学童野球の撮影ができる
    • 1試合1時間20分、ダブルヘッダーのときもあるので余裕をもって3時間くらいは撮影可能である
    • 画質にはそこまでこだわらない(とはいえ最近の機種はどれも綺麗ですが)
  • たまには野球以外の撮影もしたい
    • 学校の発表会や運動会など
    • 要手ブレ対策
  • トータルで10万円前後
  • ハードディスクレコーダーSONY製)との連携がスムーズであるとより嬉しい

さて、市場のビデオカメラを見渡すと、SONY製かPanasonic製が人気のようです。
このタイミング(2017年2月)で、SONYはミドルクラスがモデルチェンジしていて、Panasonicはハイエンドクラスがモデルチェンジしているようでした。
最近のハイエンドクラスは4Kモデルで、店頭で見比べてもかなり綺麗に撮影できます。また、4Kで撮影することで、HDに落とし込むときに画質を落とさずデジタルズーム的な効果も得られるとのこと。大変魅力的ではありましたが、学童野球の撮影はたいていが三脚に置きっぱなしになるので、画質的な要件はそこまで求めていませんでした。また、4Kのクラスは本体だけでまだ10万円越えるものがほとんどでしたので、予算的にも対象外に。動画撮影して色々遊びたいという大学生の頃の自分であれば4Kのモデルだったんですが、野球撮影していて、直射日光の下に置かれたり、雨に打たれたり、ボールがぶつかるリスクがあったり、を考えるとミドルクラスで良いかなと判断しました。

ということで、1月に発売したばかりのHDR-CX680を選択。色はブロンズブラウンにしました。白に惹かれましたが、こちらも学童野球の撮影にて審判の後ろに白いカメラなど置いたら、環境によっては反射して撮影NGになる可能性も考えた上での判断です。黒があるなら黒が良かったんですが、残念ながらカラーバリエーションにはありませんでした。

ここに追加で、バッテリーを購入。バッテリーも色々とバリエーションありましたが、試合撮影中に残量を気にするのももったいないので、一番大きいバッテリーにしました。

ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FV100

ソニー SONY リチャージャブルバッテリーパック NP-FV100

さらに、バッテリー充電器も購入。最近のビデオは本体にセットして本体経由でバッテリー充電するのですね。まあそれでも良かったんですが、バッテリーを追加で買うことにしましたし、片方のバッテリーを充電しているので本体使えませんというのもなんか無駄だなと思ったのでした。充電器のタイプも通常タイプと、急速充電タイプの2種類ありました。選んだのが大きいバッテリーだったので、急速充電タイプを選択。

あと、1000円くらいの安いポーチ(ビデオカメラを保護する用)と、4000円くらいの三脚も合わせて購入。これで撮影環境は整いました。

ここまででざっくり約10万円。なんとか予算に収まる感じ。使用感のレポートはまた後日に。

撮影した試合のビデオ(1試合1時間20分)から、5分か10分くらいのハイライト動画をかんたんに作りたいんですけど、はたして。

雪の京都

2017年1月14日の深夜から15日の未明にかけて京都に雪が積もったので、テンション高まって早朝からカメラ持って散歩に。
実は前日の夜、三男を寝かしつけた時に一緒に寝てしまい、朝4時に目が覚めたというのもあるのですが。

早起きしてきた長男も誘ってみました。まだ綺麗に雪が積もっている道に感動。この3秒後に車がサーッと通って轍を残していきました。


近所の空き地に止まっていた重機も雪が積もっていました。重機に雪。萌えるのは僕だけでしょうか。


五條天神社。今日といえば寺社仏閣ですからね。鳥居の上からこぼれ落ちそうな雪が萌えポイントでしょうか。


こちらは菅大臣神社。前に誰も足を踏み入れてない感じが良いです。雪が積もっている木々も良い。


もう少し近づいてみました。より一層荘厳な雰囲気がありますね。ここからは足を踏み入れてはならん、的な。


まあ踏み入れちゃうんですが。それにしても雪が舞っているとAF多用する私的には大変つらい。全然ピントが合わない。寒くて平行も取れない。


みんな大好きSABARです。SABARの前のファミリーマートで暖を取りました。


車が止まっていない駐車スペースは、真っ白になって、街中に突如現れるフリースペース的な主張。急にこういうスペースが出てくるとなぜだか不安になります。


駐輪場の自転車にもこんもり積もってました。


ふと思い立って佛光寺まで歩いてみました。


足先が痛くなっていたのに連れ回されて不機嫌な長男。ちょっとオコでした。


雪×枝って良いですね。


作った雪だるまと記念撮影。


朝ごはんを食べた三男も合流。


次男も出てきたので近所の神社に行ってみました。


次男と三男も雪だるまと記念撮影。


もう一枚。それにしてもどこでこんなにコケティッシュなポーズを覚えたんだ。


軒にはつららが。雪もいいけど、つららも美しいですね。