読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a box of chocolates

You never know what you're gonna get.

俺の餃子レシピ

はてなニュースで餃子のレシピが載っていたので、最近、家で定番となっている餃子のレシピを公開します。
(というほど大したものではありませんが...)

ちなみに仕上がり感はこんな感じ。

円状に並べてみたり。

通常バージョン

餃子50個のレシピです。

材料
手順
  1. キャベツをみじん切りにして、塩をふって水気を絞ります
  2. ニラも半束をみじん切りに
    • ニラって案外足が速いので、つい一束まるっと入れてしまいがちですが、入れ過ぎるとニラ感が強くなりすぎるので、ここは半束で我慢します
      • 余ったニラは中華スープに入れるか、ニラ玉を作りましょう
  3. 豚ひき肉に、しょうゆ、酒、ごま油、塩、しょうが、にんにくを入れて、粘り気が出るまで混ぜます
  4. 粘ってきたらキャベツとニラを入れて更にまぜまぜ、でタネの完成
  5. 50個せっせと包んで焼きます(焼くコツは後ほど)

博多餃子風アレンジ

先日博多に行った際に、博多のひとくち餃子の特徴を聞いたので、それを取り入れたのがこのレシピ。
餃子50個のレシピです。

材料

先ほどのレシピから、にんにくを外して、ひき肉の量を減らし、玉ねぎを追加してます。

手順

先ほどの手順の、ニラを切るところで、玉ねぎもみじん切りにしておきます(フードプロセッサ使うと楽)。
肉にキャベツを混ぜ込むタイミングで刻んだ玉ねぎを投入。

にんにくが入っていませんが、玉ねぎの風味が良いアクセントになります。

焼き方のポイント

基本は、

  • フライパンを温め、油を敷いて、餃子を並べる
  • 焼き目がついたら水を入れて蓋をする
  • 水気がなくなったら蓋を開けて完成

なんですが、ポイントがいくつか。

色々試してきましたが、

  • 油を敷いて餃子を並べ、水をいれる前にしっかりと焼き目を付ける
  • 水は餃子の高さの3分の1くらい(お湯のほうがより良い)
  • 水がある程度残っているときに上からごま油入れる
  • 水とごま油の戦いが収まり、乾いたパチパチという音がしたら、蓋を開けて少し全体的に水気を飛ばしておく

というのが大事かなと思います。

餃子のタレ

うまい餃子のポイントは、タレがなくてもうまい(しっかりと味が付いている(下味ではない))だと思います。
そういう餃子という前提で、ご飯と一緒に食べるのであれば、実はタレの味はそんなに主張しないほうが良いのでは、というのが最近のマイトレンド。
お酢 4に対してしょうゆ 1くらいの配合率で食べると旨いです。
酸っぱいの苦手でなければお酢 9に対してしょうゆ 1でも良いくらい。


具の内容を色々と変えてみるチャレンジもしているので、これはというレシピに出会ったらご紹介します。