読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a box of chocolates

You never know what you're gonna get.

引越した人はAmazonのほしい物リストの住所もちゃんと更新しよう

タイトルのとおりでございます。

なんとなくほしい物リストの住所と、Amazonのデフォルトの配送先住所ってリンクしている(つまり、配送先住所さえメンテナンスしていればほしい物リストの住所も更新される)と思ってしまいがちですが、そこは別管理になっているようです。

以前に、誕生日にほしい物リストのリンクを貼ってブログを書いたのですが、そのときの住所が引越しする前の住所になっていまして、前の家に荷物がいくつも配達されてしまいました。
何が起こったか。Amazonは荷物の種類によって配送業者が異なるので、3パターンくらいの事象が発生しました。

case.1 配送業者から電話が来る

配送先住所に携帯電話番号を登録していたので、配達した人が配達先の住所と名前が一致しないことに気が付き、電話をかけてきてくれました。事情を伝え、無事、新住所の方へ配達してもらえました。

case.2 前の住所に住んでいる人から電話が来る

郵便ポストに投函される「本」の荷物いくつかで発生。配達員の人が、名前が違っていることに気が付かず(多分ポストに名前がなかったのでしょう)、そのまま投函してしまったようでした。幸い、荷物の宛先に私の電話番号が書いてあったので、今住んでいる人がわざわざ電話をかけてきてくれました。
が、複数の荷物がほぼ同日に送られてきた事態に、何かの詐欺ではないかと疑われている雰囲気を電話口から感じました。とりあえず平謝りして、配達業者に引き取ってもらいました。
ちなみに、これ、後で気がついたんですが、この業者に関してはちゃんと荷物の転送登録していたんですね。なのに前の住所に投函されてしまったということで、どちらかというと配達員の人の誤配の問題でした。

case.3 プレゼントをしてくれた人にAmazonからメールが来る

「本日配送業者より、お客様のお届け先を特定することができず、ご注文商品をお届けすることができない旨の連絡がありました」という内容のメールが贈り主にとどきます。会社の人にそういった内容のメールが届いたようで、お礼と謝罪を行いつつ、注文番号を教えてもらいました。この番号がないと、問い合わせ窓口から新住所に配達してもらえないです。

ということで、ほしい物リストでものを贈ってくれた人に手間をかけさせてしまって、大変申し訳無い気持ちになるので、ほしい物リストの住所はちゃんと更新するようにしましょう。今年の3月は本当に申し訳ない気持ちになった...。

誕生日から数ヶ月過ぎた今、なぜこれを書いているかというと、先日退職エントリを書かれていたid:ikeike443さんにプレゼントを贈ったところ「本日配送業者より、お客様のお届け先を特定することができず、ご注文商品をお届けすることができない旨の連絡がありました」というメールが来たんですね。facebook で連絡をして、確認してもらったところやっぱり住所が古いままになっていたということでした。

ikeike443.hatenablog.com

実は、id:ikeike443さんからは、今年の誕生日にプレゼントを贈ってもらっていて、先に書いたように私が住所未更新だったため、受け取るのにバタバタしてしまったのでした。

半年も経たない間に、お互いに古い住所へほしい物リストでものを贈りあったのがなんか可笑しいですね。

Amazonギフト券- 印刷タイプ - Amazonオリジナル