読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

a box of chocolates

You never know what you're gonna get.

初めてのサバゲー

サバゲーに参加してきました。

場所は、嵐山の奥にあるエピング・フォレスト。通常はエントリー制らしいのですが、この日は僕が参加したグループによる貸切でした。今回の参加者は32名。16名ずつのチームに別れて、1戦20分で相手チームの旗を狙います。

山の斜面に囲まれた谷間を舞台に熱い戦いが繰り広げられました。小川と橋、山の斜面が、戦略性を高めてくれます。

f:id:chris4403:20120421164053j:plain

迷彩服と防護用のマスク、エアガンがレンタルできます。迷彩服に袖を通すと、気分は新兵。上級者たちは、マイウェア、マイガンで参戦しているので、見るからに強そうです。

f:id:chris4403:20120421133856j:plain

プラスチックと鋳物で作られたエアガンは、本物よりも軽そうですが、ずしりと重く、持つと俄然テンションが上がります。

f:id:chris4403:20120421133701j:plain

テンションが上がりすぎるとこんな表情に(ゲーム中はこんな撃ち方はしません)。

f:id:chris4403:20120421133810j:plain

当日は、朝から夕方まで全部で8戦しました。

第1戦目は、なんと開始1分で撃たれてしまうという失態。開始の合図があって、どこに隠れようとウロウロしていたら撃たれてしまいました。撃たれたら、頭の上に白いタオルを乗せ、セーフティエリアまで戻って試合が終わるのを待ちます。1戦目は、僕の方のチームに初心者が多かったためか、ボロ負けでした。2戦目、3戦目は、反省点を生かして、攻めには出ず、旗の守りをしていました。守り組はゲームの序盤は暇なのですが、中盤から終盤にかけて、敵が攻めてくるので、結構緊張します。旗の付近で守っていると戦況(どっちが有利なのか、どのくらい攻めてきているのか)が分からないので、「もしかしてこのままじっとしているだけでは?」と油断していると、急に敵が出てきてドキドキしました。

ゲームが進むにつれ、地面に伏せたり、水に足を突っ込んだりするのも気にならなくなっていて、最後は泥だらけに。

家に帰ると、疲れでぐったりしてしまいましたが、かなり楽しいイベントでした。